角田信朗「最期の一花」